So-net無料ブログ作成

娘に捧ぐおっぱいの本と復職問題 [本棚]


おとうとのおっぱい

おとうとのおっぱい

  • 作者: 宮西 達也
  • 出版社/メーカー: 教育画劇
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 単行本





おっぱい (たんぽぽえほんシリーズ)

おっぱい (たんぽぽえほんシリーズ)

  • 作者: みやにし たつや
  • 出版社/メーカー: 鈴木出版
  • 発売日: 1990/05
  • メディア: 大型本



ぱいぱいおっぱい (あかちゃんすくすく絵本)

ぱいぱいおっぱい (あかちゃんすくすく絵本)

  • 作者: あきやま ただし
  • 出版社/メーカー: 鈴木出版
  • 発売日: 2004/07
  • メディア: 単行本





おっぱいだいすき (げんきいっぱい!えほん)

おっぱいだいすき (げんきいっぱい!えほん)

  • 作者: はせがわ ともこ
  • 出版社/メーカー: 教育画劇
  • 発売日: 1999/05
  • メディア: 単行本




ぼくがおっぱいをきらいなわけ (絵本のぼうけん)

ぼくがおっぱいをきらいなわけ (絵本のぼうけん)

  • 作者: 礒 みゆき
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2001/10
  • メディア: 単行本




もともと、それほど執着のない娘(--; かあちゃんはちょっぴり
寂しいのです。
兄ちゃんのときは初めての育児によるストレスのせいか3ヶ月頃に
ぱったりと出なくなってしまったおっぱい。哺乳瓶になかなか慣れて
くれなくて、大騒動でした。
忘れた頃にやってきた第2子の妊娠。
「次はきっと母乳で育てよう!」
と意気込んでいましたp(^^)q おかげさまでここまでほとんど粉ミ
ルクのお世話になることなく、母乳で育ててくることができました(^^)

1歳を目前に、おっぱいはかあちゃんが寂しいのと、お風呂上がりに
泣くのでなんとなく口封じ(笑)にすわせていましたが、そろそろ卒乳
かなぁ・・・

と、思っていたら実は・・・ 職場の以前の部署から

「実は、産休の代用職員が見つからなくて、困っている。育休を切り
あげて復職することは可能か?」

との打診が。ここはある資格が必要なところ。なかなか有資格者が
見つからないらしい。私としてはその部署から異動してから、毎年、
上司のヒヤリングの時に、

「戻して欲しい。ずーっとその部署から異動がなくてもよい」

と希望を出し続けていた部署。
今年のヒヤリング調書にも、復職の時はそこを希望して記入した。
そりゃ、戻りたいけれど・・・ 時期がねぇ(--;
すっかり、育休を満喫。娘はかわいい盛り。時期は7月からですが、
娘の保育園も見つかるかどうかわからないし、兄ちゃんの学童保育
の問題もあるし。ちょっと無理だよなぁ・・・ 

あぁ、でもチャンスなのに。
人事から正式な打診が来たら、保育園を探す努力だけしてみようかな。


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

お気に入りの本♪ [本棚]

私が初めてあーちゃんのために買った本です。
他は兄ちゃんのお下がりばかり(--;  自分でめくっては
「ばぁ、ばっばっばっ」
と楽しんでいます♪


ばぁ! (よちよちえほんシリーズ 2)

ばぁ! (よちよちえほんシリーズ 2)

  • 作者: ふくだ いわお
  • 出版社/メーカー: フレーベル館
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 単行本


これは、兄ちゃんが歯みがき大嫌いで・・・ その頃アンパンマンが
大好きだったので、読み聞かせていたのですが・・・ 歯みがき嫌い
は克服に至りませんでした。
あーちゃんは、しかけを引っ張ってかじることに専念していますf(^^;

アンパンマンのしかけえほん〈1〉できるといいねはみがき (アンパンマンのしかけえほん (1))

アンパンマンのしかけえほん〈1〉できるといいねはみがき (アンパンマンのしかけえほん (1))

  • 作者: やなせ たかし
  • 出版社/メーカー: フレーベル館
  • 発売日: 2000/03
  • メディア: 単行本


リアルで、美しい絵が印象的な一冊。
美味しそうな果物がいっぱい出てきて、あーちゃんは掴もうと、
手を伸ばします♪

くだもの

くだもの

  • 作者: 平山 和子
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1981/10
  • メディア: 単行本


せなけいこさんの「いやだいやだ」のシリーズは、かあちゃんの
お気に入り♪ あーちゃんもこれを開いては、「あん、あん」と泣き
まね? します(^皿^) 来年の4月には彼女も「あーんあーん」
と保育園に通うのかな(--;
ちょっと切ないかあちゃんでした。

あーんあん

あーんあん

  • 作者: せな けいこ
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1972/12
  • メディア: -



絵本大好きのかあちゃん、まだまだオススメはいっぱいあります。
このほかは、またの機会に
nice!(11)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

おつきさまこんばんは [本棚]

おやすみの読み聞かせにオススメの1冊をご紹介。
濃紺の夜空に、黄色の満月がとても美しい絵です。
かわいらしいおうちの屋根には2匹の猫。恋人同士
なのか親子なのか・・・ そんな想像をするのも楽し
い1冊です。

この絵本は、「まんまるおつきさま こんばんは」で
締めくくられています。
息子は小さい頃、三日月をみて
「まんまるおつきさま、どこった?(どこにいった)」
と聞いたことがあります。お月様はいろいろな形で
たくさんあると思ったのでしょうか。
この絵本と「ねないこだれだ」の2冊セットで毎晩、
何度も読まされました。
あーちゃんはどんな絵本を選ぶのでしょうか。
そして、どんな言葉を生み出すのでしょう。楽しみです。
CA0KOFBJ.jpg
おつきさまこんばんは
林 明子 作
福音館書店


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

ふうせんねこ [本棚]

あーちゃんのお気に入りをご紹介。
CA1DSIWR.jpg
絵が楽しいので、私も大好きです。
CA07UIGH.jpg
これはうちの「ふーせんねこ」です。
なんだかそっくり(--;)

さて、この絵本の作者、せなけいこさんは私が一番好きな方かも。
ほかにも、「ルルちゃんのくつした」「いやだいやだ」「くずかごおばけ」etc,etc・・・ 
とにかく数々の名作を輩出されています。しかも古い・・・ 1970年代の初版ですが、
名作は名作として、長年愛され続けていくものなんですね♪ せなさんの絵本、大好きです。
赤ちゃん絵本の王道といえるかな。こどもの気持ちが本当によく表現されています。

そして、兄ちゃん。お熱も平熱に下がり一安心。今度は咳と鼻水に苦しんでいます。
おなかの調子は・・・ とりあえず治まっているようですが、まだお粥。
授業中に、おなかが「ピー」ではかわいそうなので、今日も欠席。
ということで、今日で3日目。学校を休んでいます。
ご心配いただいた皆様、ありがとうございましたm(__)m

nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

いちご [本棚]

唐突ですが、本が大好きです。子供の頃から活字の虫。
最近では自分の本はなかなか読むことができないのですが、
絵本の蒐集は子供のためというよりも自分の楽しみです。子供も喜ぶので一石二鳥ですね♪
CA330Y6O.jpg
これは、あーちゃんのお気に入り。
寒い冬から暖かい春にかけていちごの苗が青くなり、花が咲き、青い実がなり、赤く色づいていく様子が、とても丁寧に描かれています。よく見ると葉っぱにてんとう虫がいたり、アリさんがいたり。とってもリアルな絵は写真に近いかも。
真っ赤に色づいて、ボウルに盛られたいちごを
「いただきまぁす」
「むししゃむしゃ~ おいしいねぇ」
娘はおおよろこびです。
ちなみに、兄ちゃんもこの絵本が大好きでした。
同じ作者で、「くだもの」「おにぎり」の絵本もお勧めです。

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。